lock

Security
セキュリティ

セキュリティへの取り組み

お客様の個人情報を取り扱う企業として、ZEALSはセキュリティを最優先事項とし安全性の確保に取り組んでいます。
これからもお客様が安心してサービスを利用できるよう、システムおよび組織の両面から管理体制を強化してまいります。

  • 常に暗号化された通信

    ZEALSの通信は常にSSL/TLSによって暗号化されており、悪意のある第三者によるデータの改ざんやなりすまし、通信内容の漏洩を防ぎます。

  • 高度なセキュリティと信頼性持つデータセンター

    ZEALSではGoogle Cloud Platform(以降、GCP)のデータセンターを利用しています。GCPはGoogle社が提供するクラウド型のデータセンターサービスで、同社の大規模データセンターの運用経験をもとに設計・構築・運用されています。GCPは豊富な実績とともに、非常に高い信頼性を持つ認証と認定を受けております。

  • プライバシーマークの取得

    プライバシーマーク制度は、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。ZELASではプライバシーマークを2019年に取得しています。

  • 監査ログの取得

    会話を設計し作成するユーザーがサービスの管理画面を操作した際に、操作したユーザーの情報とIPアドレスを監査ログとして取得し証跡を残しております。

  • 情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格の認証を取得

    ISMS認証とは国際規格のひとつで、情報の機密性、完全性、可用性を担保した情報セキュリティに関する評価制度のことです。
    ZEALSでは、万全なセキュリティ体制を整えるとともに情報漏洩等の脅威からお客さまをお守りする責務を果たすため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC27001(ISO/IEC27001:2013, JIS Q 27001:2014)」の認証を取得しています。

  • グローバルセキュリティ基準のPCI DSSに完全準拠

    PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、クレジットカード情報および取り引き情報を保護するために2004年12月、JCB・American Express・Discover・マスターカード・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準です。