ネオキャリアが運営する「保育ひろば」にチャットボット広告「fanp」を導入

2018.07.03




『ネオキャリアが運営する「保育ひろば」にFacebook Messengerと連動した次世代型チャットボット広告「fanp」を導入し効果を実感』


Facebook Messenger を活用した “チャットボット広告” パッケージ「fanp」を展開する株式会社 ZEALS(ジールス)(所在地:東京都品川区、代表取締役:清水正大 以下ジールス)は、「保育ひろば」を運営する株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤亮一 以下ネオキャリア)に同パッケージを導入し、Facebook Messenger “チャットボット広告” (チャットボット)「保育ひろばBOT」をリリースしました。



■ チャットボット広告「保育ひろばBOT」概要

「保育ひろば」とは、ネオキャリアが運営する保育士や幼稚園教諭の転職支援サービスです。この度、ジールスが提供するFacebook Messenger “チャットボット広告”「fanp」 (チャットボット) を導入し、「保育ひろばBOT」をリリースしました。
本サービスは、「保育ひろば」のFacebook広告をクリックしたユーザーの Facebook Messengerに「保育ひろばBOT」が現れ、ユーザーはチャットで会話を楽しむような感覚でサービスの紹介を受けることができます。
チャットボット広告「fanp」は顕在層にしかリーチできなかった従来の広告とは異なり、潜在層にもメッセージを送り続けられるため、今まで獲得できていなかったライトな顧客を獲得できるのが特徴です。
「保育ひろばBOT」はチャットでサービスの説明を受けた後、気軽にチャット上で会員登録が可能なサービスとなっています。
この取り組みを通じて会員登録の増加を狙います。



「保育ひろばBOT」

■ 株式会社ネオキャリア
設立:2000年11月15日
所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
代表取締役:西澤 亮一
コーポレートサイト:https://www.neo-career.co.jp/
保育ひろば:https://hoiku-hiroba.com/



『ネオキャリアが運営する「保育ひろば」にFacebook Messengerと連動した次世代型チャットボット広告「fanp」を導入し効果を実感』
PR Times, 2018年7日3日, 13時10分

PR Times記事

一覧に戻る矢印