​株式会社DECENCIAがLINEと連動したチャットコマース「ジールス(Zeals)」を導入

2019.09.25

LINEを活用した “チャットコマース「ジールス」”を展開する株式会社Zeals(所在地:東京都品川区、代表取締役:清水正大、以下ジールス)は、2019年9月、ポーラ・オルビスグループの敏感肌化粧品ブランドDECENCIA(ディセンシア)を展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役:山下 慶子)に同パッケージを導入し、 チャットサービス「スキンケア診断/DECENCIA」をリリースしました。

 

 

■ チャットコマース「ジールス」を用いた「スキンケア診断/DECENCIA」導入背景と概要
DECENCIAは、ストレス社会で戦う敏感肌女性に向け、ハリ艶肌へと導くプレミアム エイジングケア ayanasu(アヤナス)や、透明感のある肌へと導くアドバンス ホワイトニングケア saeru(サエル)を展開しています。DECENCIAでは、WebサイトやLP(ランディングページ)での商品説明のみでは解決できなかったお客様の疑問やお悩みに答えるため、今回、チャットサービス「スキンケア診断/DECENCIA」のリリースを行いました。

 

今回のリリースにより、WebサイトやLPに来訪したお客様に対しポップアップを表示し、LINEの友だち追加を促します。友だち追加後、お客様に対しLINE上でチャットを通じてヒアリングが行われ、その情報を元にひとり一人に合わせパーソナライズされた会話体験が実現し、お客様はチャットで会話を楽しむような感覚で、各商品についての詳しい説明やスキンケアについての情報を受け取ることが可能となります。チャットでの会話体験を通じ、潜在的ニーズに対して“自分ごと化”された会話やコミュニケーションにより、ブランドや商品についてエンゲージメントが高い状態でWebサイトやLPにて商品検討が可能となります。

 

この取り組みを通じて、敏感肌コスメの可能性を更に広げ、新しいお客様と出会うとともに、継続率の向上によるお客様の LTV※の最大化を目指します。
※Life Time Value(ライフ タイム バリュー)の略「スキンケア診断/DECENCIA」:http://nav.cx/fLdvekD

 

 

■ 国内初のLINE/Facebook Messenger連動型チャットコマース「ジールス」 は、Zealsが持つ豊富な会話データを用いて設計した会話内容を通して、ユーザーにサービスや商品の魅力を訴求し、商品の理解を促すことで、高いエンゲージメントの構築を可能にする、「LINE/Facebook × チャットコマース」という全く新しいパッケージです。

WebページやLPなどに代表される押し付け型の広告ではなく、チャットコマースの強みを活かした会話型のチャットボットサービスであり、ユーザーと自然な会話の中でサービス訴求ができるため、過去には従来のWebマーケティング施策と比較して7倍以上の成果向上に貢献するなど、サービスを導入した企業は高い成果が見込めます。

チャットコマース「ジールス」紹介サイト:https://lp.fanp.me
チャットコマース「ジールス」紹介ボット:https://m.me/444874275866465

 

【チャットコマース「ジールス」内容 】
– チャットコマース「ジールス」の運用
– 広告から流入してきたユーザーに対しての会話設計
– LINE/Facebook Messenger チャットボット開発
– ユーザーナーチャリング(スコアリング・リテンション)設計
– チャットボット管理システム(LINE/Messenger ボットCRM )導入

 

 

■株式会社DECENCIA
創立:2007年1月4日
所在地:東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ第2五反田ビル5F
代表取締役:山下 慶子
コーポレートサイト:https://www.decencia.co.jp/

 

■ 株式会社 Zeals 会社概要
設立:2014年4月1日
資本金:852,260,040円(資本準備金含む)
所在地:東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル4F
代表取締役社長:清水 正大
事業内容:チャットコマース「ジールス」
コーポレートサイト:http://zeals.co.jp/

一覧に戻る矢印